保育に関わる勉強|自信を持って施術するには資格が必要|セラピストになりたい人は必見

自信を持って施術するには資格が必要|セラピストになりたい人は必見

女の人

保育に関わる勉強

女の人

実践的な資格が取れる

保育士の資格を取るためには、大きく分けて二つの方法があります。一般的な方法としては、保育専門学校や短大の児童科を卒業すれば資格が取れます。また、もう一方のやり方は毎年行われる国家試験に合格することです。どちらにしても保育に関する専門的な勉強が必要になります。保育士の資格は、専門学校や短大に入学すれば二年で取得できますが、中には四年生大学で保育を勉強する人も結構います。四年制大学の福祉学部では、保育士以外にも幼稚園教諭免許、小学校教諭免許などの資格を取ることができます。また、言語療法士の資格が取れる大学もあります。四年生大学で保育を勉強することは、同時に取得できる資格が多いことも魅力的であると言えます。

子供と関わる専門職

将来的に子供と関わる仕事を希望する人にとって、保育士資格を取得することで可能性を大きく広がることになります。卒業後の就職先としても、保育園以外に学童保育室や児童館、病院、障害児施設など様々な方向性があります。保育士以外の資格があれば、さらに専門的な機関で働けることになるのです。保育園勤務を希望するのであれば、保育専門学校を卒業するだけで十分ですが、より専門的な職業を希望する場合は四年制大学で勉強した方が有利です。四年制大学の福祉科では、短大や専門学校を卒業した人が編入をするケースも増えているといいます。若者がよりレベルの高い保育を学ぶことで、保育士を超えるスーパー保育士も大勢誕生しようとしています。