保育のプロになるために|自信を持って施術するには資格が必要|セラピストになりたい人は必見

自信を持って施術するには資格が必要|セラピストになりたい人は必見

女の人

保育のプロになるために

保育園

資格を取得するために

保育士になるための近道は、高校を卒業後に保育士の養成学校で学び、保育士資格を取得することです。保育士の養成課程がある大学や短期大学で専門知識と実技を学び、所定の課程を修了することで保育士資格を得ることができます。養成学校では保育に関する基礎知識の他に、心理学やピアノなど様々なことを学ぶので、二年制の短期大学で資格を取得する場合は、学習に忙しい二年間を送ることになります。四年制の大学の場合は、じっくり専門分野を学べるので、より深い知識を身に付けることができますが、二年制より学費や時間がかかります。養成学校によってメリットが違うので、何を優先するかをしっかりと考え、自分に合った学校を選ぶことが大切です。

社会経験が活かせる資格

保育士は、養成学校に通わない場合でも保育士試験の受験資格があれば誰でもなることができます。受験資格は、高校を卒業後に一般の大学や短期大学で二年以上学ぶことで得られるので、社会人から保育士を目指すことも可能です。社会人から目指す場合は、国家試験に合格する必要があるので、働きながら学習しなければならず強い意志が必要です。学習方法は独学や通信制、夜間通学制など様々なので、それぞれのメリットを比較検討し、自分に合った学習方法を選ぶことが重要です。保育士試験には筆記試験と実技試験があるので、実技試験にも対応している学習方法だと安心です。保育士の仕事には、社会での経験も活かすことができるので、子供に関わる仕事がしたい人に向いています。